にきびの跡

背中ににきび跡が残ってしまうことがあります。これはにきびができてしまったときに十分にケアをせずに悪化させてしまった結果です。

にきびの跡が残る原因はにきびができてしまったときに適切な治療をしないことによって、にきびがひどくなってしまうことにあります。また顔と違って背中のにきびはなかなか気がつきません。まったくわからない間にそれが悪化していってしまうというパターンです。それで背中ににきび跡が残ってしまうということがよくあります。にきび跡ができてしまう要因のひとつに、背中ににきびができてしまったときに潰してしまうということもあげられるでしょう。にきびの跡を残さないように、潰してしまう前に対処しなくてはなりません。肌に色素沈着が残ったり凸凹のクレーターが残ったりすることがあります。これが背中のにきび跡の具体的な症状なのです。クレーター状態のにきび跡は角質層の真皮層やその下の組織にまでも背中にきびの炎症が及んでしまっている状態です。viage ナイトブラ