身体に悪影響

ボトックスを多汗症治療のために注射した場合、抗菌剤パーキンソン病、精神安定剤、筋肉をゆるめる薬は

施術後数ヶ月間は使用することができません。身体に悪影響が出る恐れがあります。また、ボトックスの妊婦への影響は未確認な点が多いので使えません。治療後に異常が見受けられた場合は、早めにクリニックに見てもらいます。手術を受けた後、ボトックスの皮下注射をされた箇所を押す、こするといった動作は危険なのでやめてください。ボトックスは、粉末状態のものを生理食塩水で希釈してから注射を行います。施術部位を強く押さえると、液体のボトックスが分散して、多汗症の治療目的としている筋肉と違う部分まで効果が出るかもしれません。運動を司る筋肉と、多汗症を抑制するための汗腺の場所はそれぞれ違う場所にあります。身体を動かす筋肉は多汗症治療の部位と違うため、運動の筋肉に支障は出ません。正しく使われている限りボトックスは安全性の高いものですから、納得のいくクリニックで治療を行いましょう。viage ナイトブラ