車体とサスペンションの動き

車のジオメトリーというものをご存知でしょうか。これは車が走ってる時の車体とサスペンションの動きがどうなってるかを幾何学にとらえるものということができます。

例えばですが、車体からタイヤへ伸びているサスペンションアームどれぐらいの長さがよいのでしょうか。かなり長い場合ですが、タイヤが道路の凸凹拾ったりカーブで車体が傾いた時にタイヤが上下運動し、その時、タイヤの動きを車の正面から見ると、タイヤが地面に対してあまり傾いていないでいます。つまり、地面に対してタイヤはほぼ垂直に立ったまま上下運動するということです。逆に、サスペンションアームが短いとどうなるのでしょうか。タイヤは上下運動するたびにサスペンションアームを腕とした弧を描くようになります。弧を描いて動くということはどういうことを意味するのでしょうか。タイヤはじめに対して傾きを持つということを意味し、きちんと道路に接していないということになります。車買取 いわき