疲れた時にはあまり無理をしないほうがいい

ストレスによる心身の健康の乱れは、肌にもよくありません。

ストレスというと人間関係や仕事を思い起こしますが、それだけではありません。

外的な要因として紫外線や花粉、寒暖差、内的な要因として人間関係の他にも食生活や睡眠不足もあてはまります。

それらのストレスを過剰に受けると、それに立ち向かうためのホルモンが分泌され、そのせいで肌荒れにも繋がってしまいます。

ストレスに負けないように分泌されるものなので、悪者にしては可哀そうなんですが、肌荒れの原因になってしまうのは困りますよね。

ですから、普段からストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

UVケアを欠かさず、偏った食事はできるだけ避けましょう。

良質な睡眠をとるためには適度な運動をすることも効果的です。

それに運動は憂鬱な気分を軽くしたり、リラックスするためにも良いことなので、是非生活習慣の中に取り入れたいものです。

なかなか時間が取れない人は、通勤中の歩く距離を増やすなどしてみると良いかもしれません。

ほうれい線と化粧水は