簡単に痩身するには間食の工夫がおすすめ

痩身を目指す人が、毎日の楽しみであるおやつを我慢することは大変ですが、簡単な対策方法がいくつか存在します。痩身を目指して日々やれることをやっているといっても、一切甘いものを食べないというのはきついものでしょう。

痩身という目標を諦めてしまうほどストレスが溜まる人もいます。甘いものを食べる時にちょっとした工夫をすることによって、痩身中のストレスを減らせます。甘いものも含めて1日のカロリー摂取量が少なければいいと、極端な食事制限をしている人もいますが、それでは痩身を成功させることは困難です。カロリー量の多い炭水化物や脂質が多く、ビタミンやミネラルなど痩身にいい成分が少ないことが、お菓子類のネックです。甘いものを食べると血糖値が上昇します。その血糖値を調節するために、脂肪細胞や筋肉に血液中の糖が送りこまれることになります。過剰な糖分摂取は体内の脂肪を増やすので、結果的に急激な血糖値の上昇は太りやすい体をつくってしまうというわけです。基本的には、間食は一日に摂取するカロリーの10%程度ですが、痩身中なら100kcal以下のおやつを目安にします。板チョコ4分の1、アイスクリームのミニカップ半分程度が100kcalです。日中に飲むものも大事です。痩身中はカロリーのないお茶やブラックのコーヒーなどにしましょう。間食をすること、簡単な痩身をすることは両立できます。規則正しい適量の食事をした上で、可能な範囲でのみお菓子を食べるようにします。
フルベリ,効果