どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも

WiMAXを契約すると、WiMAX端末しか必要ないから、室内がすっきりします。光インターネットだと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要があります。
モデムは毎月レンタル料金が掛かり、月額使用料金に追加課金されます。

方法として、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する月はレンタル料金を取られてしまいます。WiMAXサービスと契約を申し込む時、様々なキャンペーンサービスが付いて来ます。
中でも嬉しいのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスでしょう。
UQ WiMAXとなるとUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。
どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多数のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。(WiMAXが圏外になる場合の対処法は?より抜粋)
モバイルインターネットサービスは、WiMAXの他にも色々なサービスがあります。具体的に言うと、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEがあります。速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、通信速度が3Mbpsしか出ないと言うのはデメリットとも言えます。ぷららモバイルLTEの通信速度って、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。
そう言う理由で、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比較すれば、速度制限がずっと続くようなものです。

 

WiMAX通信に対応したデータ通信機器は、次々と新しいものが発売されます。個々によって性能が異なり、利便性も違います。
その中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。

このWiMAX端末はau 4G LTEに対応し、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

WiMAXサービスを運用するプロバイダなんですけど、複数存在します。契約するプロバイダ単位でキャンペーンや契約内容が違いますので、その辺、気を付ける必要があります。

例えば、月額料金を最安値で利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーンがお薦めです。つまり、各プロバイダで契約内容は変わるので、慎重に契約先は選ぶのが望ましいです。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。

対応するWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスになります。

 

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。

 

WiMAX端末が手元になくとも利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判の良いインターネットサービスとなっています。

現在、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが登場しています。例として挙げると、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を用意しています。その他、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用してます。
どこの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。WiMAXサービスの提供元となるのは、auの子会社となるUQコミュニケーションズです。

従って、auと連携したサービスがいくつか存在します。
その中で特徴的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。
WiMAXの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auの月額料金が割引きされるサービスです。WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXには、普段3種類のプランがあります。

28000円の高い現金のキャッシュバックが貰える通常プランや、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。

その他、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用出来る料金プランがあります。時々、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、タイムセールはいつもある料金プランではありません。

WiMAX通信機は普通の価格が20000円しますし、クレードルのセットで22750円も掛かります。結構な価格となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなります。

そう言うわけで、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そんなプロバイダを選べば良いです。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとしてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末になります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が出来ると言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りくらい広範囲での通信に対応しています。
他にも、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いな訳です。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。このテクノロジーによって、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、倍の220Mbpsとなるのです。また、Bluetoothにも対応してますので、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が可能となります。
WiMAXを利用する時、注意すべき速度制限は二種類存在します。
一つ目は、月間データ量による速度制限、一般的に言われる7G制限って呼ばれているものがあります。
次に、混雑回避の為の速度制限と言われるものがあります。
ギガ放題プランへ申し込むことによって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外になります。
だけども、混雑回避の為の速度制限は適用となります。WiMAX通信の出来る端末の大きさは、ポケットサイズです。

なので、外に持ち出せます。
ポケットに入るサイズですし、重さや厚みも大した事なく、ポケットティッシュと一緒に入れても余裕があります。
ワイマックス機器は、スマホアプリを使って操作可能です。

と言う訳で、WiMAX端末をカバンの中に入れ、そのまま使用することが可能です。

WiMAXのサービスを導入した事で、私の日常は大きく変わりました。

 

最も変化が大きかったのが、スマートフォン通信で7G制限に気を取られる必要がなくなりました。
Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンの通信量は消費しなくなったのです。

そんな事から、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。
WiMAX端末は、毎回新しい機能が追加されたものがラインナップされています。
何より、通信速度の改良が目立ち、今、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。
しかし、この頃は通信速度より、通信量の通知機能に対して注目が集まっているようです。最新WiMAX機器のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の総通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。何故かと言うと、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限と言われる3日間で3GB以上の通信を行ったユーザー対象の速度制限、これが頻繁に課されるようになったのです。
ですので、メーカー及びユーザーとしては、ここに対しての関心事が高まっているのです。
WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダが存在します。このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。月々500円のサービスですから、6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応している地域が広がっています。

なおかつ、au 4G LTE対応はHWD15から踏襲し、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。
当然の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応してて、充電しつつの通信にも対応してます。WiMAXの中でも、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。WiMAXサービスに対して情報を最も把握していますし、トラブルが起きた際のフォローも最も早くて的確で、電話サポートの対応時間も最長なのです。

けれども、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチですから、代理店と契約をすると言う方法もあります。
代理店ならキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。

最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率99%を超えている、非常に繋がりやすい通信回線なのです。
800MHzと言った低周波数を使用したプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりするので、奥まった場所にも電波が行き渡りやすいです。
今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大しています。URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末で、バッテリーが組み込まれていないので、利用目的は屋内使用のみに限られています。そんな部分はありますが、可動式の高利得アンテナが外付けになっており、受信精度の良さが特徴の一つとなっています。更には、同時に16台もの機器をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線接続する事が出来ます。
なおかつ、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードを搭載していますので、速度制限に囚われる事なくインターネットを利用する事が可能です。
UQ WiMAXじゃなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点がウリのWiMAX機器です。
こんなに速い通信速度を出す事が可能になる秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションと言う技術にあるのです。この3波CAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を1つに束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ていると言うわけなのです。
ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがある為、選択可能なキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。最近のインターネット業界は、モバイルインターネット業界も魅力があり、気になる存在となって来ました。
これまで主流だった固定回線は持ち運び不可だったのに対して、とても便利なインターネットサービスとなっています。
ただ、モバイルですから、どれだけ通信が安定するのか気になって来るところではあります。

しかしながら、モバイルの通信環境が進んでいるので、通信状態は良くなっています。
そう言う事で、モバイルって事ではありますが、侮れません。

WiMAXの機器の中においては、au 4G LTEと言うauの通信回線を扱えるものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率99%と言う利便性の高い通信回線で、広大なエリアで繋がります。

そればかりか、800MHzのプラチナバンドを使用していますので、奥まった部分まで電波が行き届きます。その代わり、一回でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に適用されます。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

その理由としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからです。

そんな理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。
また、三日間の総通信量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限に対する対応が取りやすくなりました。
WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところもあります。

 

例えば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダのケースだと、DTI Club Offと言うDTI会員限定の独自の割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やテーマパーク、その上、温泉施設やインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。

 

映画やミュージカル、展覧会やカラオケなど、書き尽くせない程対象となるサービスはバラエティー豊かですから、幅広い方にお得感を感じて貰う事が出来ます。UQ WiMAXサービスの強みは、通信制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。
他のモバイルインターネットサービスなら、速度制限が怖くて映画など見てられません。
可能な事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。ですが、WiMAXなら普通に映画が視聴出来ますし、24時間ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。URoad-StickはUSBサイズの軽量かつコンパクトなWiMAX端末で、そんなところから持ち運び性が良くて便利です。
URoad-StickをUSBポートに接続することによって、そこから電気をまかないながら扱う事が出来ます。
ややこしいセットアップも不要で使えますから、そう言う手軽さが人気のWiMAX端末となっています。
対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、通信の下り最大速度としては110Mbps出す事が出来ます。

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの豊富さも評判の秘密です。

それだけではなく、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな要因は、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。それに合わせて、保証内容もしっかりしてるので、そう言った点が人気を支える大きな部分となっているのです。
Speed USB STICK U01はUSBタイプの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。
その秘密ですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事で、従来の倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。

それに加えて、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアに対応する事が可能です。Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵していませんので、USBポートから常に給電しながら使用するタイプのWiMAX端末となります。