Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから

WiMAXサービスの提供元は、auの子会社であるUQコミュニケーションズなのです。
そう言う理由から、auに連携したサービスがいくつか存在します。その中で代表的なのが、auスマートバリューmineです。


WiMAXサービスの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの料金が割引きされるサービスです。WiMAXサービスを導入した事で、私の日常は変わりました。一番変化が大きかった事は、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。
Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。だから、スマホサイトに動画が設置されている場合であっても、気にせずPCのように観れるようになりました。WiMAXには料金プランが幾つかあります。プロバイダにより少し違いはあるのですが、大体、2種類の料金プランが存在します。(情報元:GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーン
2種類の料金プランについてですが、ギガ放題プランと通常プランの2種類です。
ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、7G制限の無いお得な料金プランです。反面、通常プランは安いですが、その分だけ速度制限の規制が厳しいです。
自分が1ヵ月でどれくらいの通信を行なうか照らし合わせて、どちらの料金プランにするかを考えましょう。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。そのワケとして、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが著しかったからです。

そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに搭載されました。

 

他にも、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限に対する対応が取りやすくなりました。

WiMAXサービスを提供するプロバイダの中で、ちょっと変わっているのは3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。
そんな理由で、3WiMAXでは提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全然違います。具体的には、3波のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、UQ WiMAX系統のプロバイダにはランナップされていません。

使い勝手の良いインターネットサービスとして人気を集めているWiMAXではあるのですが、通信のし過ぎによって速度制限を掛けられてしまう事を考慮しておく必要があります。
他社のモバイルインターネットと比較すると、WiMAXはそこまで厳しい速度制限を設けていません。

そうは言っても、速度制限自体はありますので、時々は通信量を気にかけると良いでしょう。ただし、仮に速度制限になってしまったとしても、動画位であれば、普通に見る事が出来ます。

WiMAXの特性としては、インターネットの利用を無線通信で行なう事が出来ると言う部分があります。無線を使う形なので、どこからでもインターネットアクセスが可能となります。それに加え、WiMAX端末は小型ですので、携帯性に長けています。そんな点を考慮すると、タブレットと一緒にカバンに入れて持ち運ぶのも良いでしょう。

ですので、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダも存在します。WiMAXのサービスを提供しているプロバイダなのですが、幾つかあります。それぞれのプロバイダでキャンペーン特典が異なりますので、そう言った部分で、注意した方が良いです。具体例を出すと、ある程度の高額キャッシュバックと安心感の両方を希望する方は、BIGLOBE WiMAX 2+がお薦めです。
つまり、契約したプロバイダで契約内容が異なるので、契約先選びはきちんと行なう様にしたいものです。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開しており、そのバリエーションの多さも評判の秘密です。それだけではなく、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな理由は、業界最高額のキャッシュバック特典にあります。
なおかつ、サポート内容もしっかりしていて、それが評判を支える大きな部分となっているのです。
WiMAX通信を行なう為の機器は、日々性能が上がって来ています。

際立って、通信速度の向上は目を見張るものがあり、今のところ、220Mbpsと言う脅威の通信速度を叩き出しています。
ただ、近頃は通信の速さより、総通信量が重要視されている傾向が見られます。
新しいWiMAX機器のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されました。
何故かと言うと、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限、これが厳しくなったからです。

そう言う訳で、製造会社及び使用者的には、そこに対して配慮した機能にニーズを見出しているのです。WiMAXのサービスの中で、一番サポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。

 

WiMAXサービスに対する情報を最も把握していますし、問題が起きた際の対応も最も早くて的確で、サポート受付け時間も最長です。でも、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店に申し込みをすると言う手段もあります。
代理店ならキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言った良いとこ取りが出来ます。
WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると契約解除料を請求されてしまいます。
それだけ長い契約期間になっていますから、しっかりとしたとこと契約を行いたい所です。

うっかり見落とされがちなのが、それぞれの契約先のサポートセンターの応対です。
電話対応が平日のみだったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダも少なくないですから、しっかりと考慮してから契約を行いたいものです。WiMAXサービスの月々の利用料金ですけど、実をいうと、契約先で料金が異なります。具体的に言うと、Broad WiMAXの場合、最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は月額料金が割引きされます。更には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が非常に安いですけど、契約から25ヵ月目の月額料金は高くなります。

 

このように、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で申し込み先を決めましょう。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。対象のWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスとなります。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能になります。
WiMAX端末を所持してなくても使用する事が可能ですし、帯域制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判のあるサービスとなっています。
WiMAXサービスを利用していて思うメリットは、いくつかある様に感じます。一点目が、無線のインターネット回線ですから、どこにいてもネット通信を行なう事が出来ると言う点です。

次に思い付くのが、モバイルの通信規格と言う点で、インターネットの回線工事は不必要です。
なおかつ、モバイルのネット通信ですから、安価でインターネットサービスを利用する事が出来ます。他にも、通信規制が緩い点も、WiMAXを導入する際の利点と言えます。

UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますが、25ヵ月間の契約が基本です。その理由ですが、25ヵ月間縛りの契約を行なう事によって、25ヵ月間の月額使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
更に、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用されるので、おのずと、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。
500円と聞くと大した金額ではないですが、値引きは毎月の事ですので、リーズナブル感はどんどん重なって大きいものとなります。WiMAX通信機は通常の値段が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円も掛かります。それなりの値段となりますので、WiMAX導入の際の負担となってしまいます。そこで、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますので、そんなプロバイダを選択すると良いです。
WiMAXの通信を行なう事の出来る機器は数種類ラインナップされています。

次々と新しい端末が発売され、新しい機能を持ったものが次々と出ています。具体的に言えば、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。

他には、通信速度の向上が目まぐるしいです。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された際も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと向上しました。
確かにWiMAXには帯域制限がありますが、それほど厳しいものではありません。

 

ギガ放題プランへ申し込めば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。また、混雑回避の為の速度制限の時も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。

帯域制限時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さはキープされます。
UQ WiMAXのサービスの強みは、通信制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。他社のモバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。大丈夫な事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?それに対し、WiMAXならば堂々と映画が視聴出来ますし、24時間ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところもあります。
例を挙げれば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合、DTI Club Offと言うDTI会員だけの独自の割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、全国各地にある旅館やテーマパーク、そして、スポーツクラブや温泉施設、レストランや居酒屋などなど、さまざまなサービスを特別優待価格で利用する事が出来ます。映画のチケットやミュージカル、美術館やカラオケなど、書ききれない程対象となるサービスはバラエティー豊かですから、幅広い方にお得感を感じて貰う事が出来ます。

 

モバイルタイプのインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。
一つの例として、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスがあります。
速度制限の無いぷららモバイルLTEではあるのですが、通信速度はわずか3Mbps程度です。この通信速度ですが、速度制限の際のWiMAXよりも遅いです。

ですから、速度制限が無いものの、WiMAXで言えば、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載して、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。
その技術により、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになる訳なのです。その他にも、Bluetoothにも対応してますので、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX機器も登場しています。

au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用して、日本の人口カバー率が99%を超える、非常に繋がりやすい通信回線なのです。

 

800MHzと言う低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいです。
今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大して来ています。この頃、WiMAXのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが登場しています。例として、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日の保証制度を導入しています。どちらの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。
WiMAXサービスの口コミを読んでいると、色々な意見があります。
一例を挙げると、天気で通信状態が左右されるだとか、そう言う悪評もあります。

 

ですが、WiMAXの基地局の数の向上と共にWiMAXの環境は良くなっています。ですので、口コミの内容をそのまま鵜呑みにする事は出来ません。

口コミサイトのWiMAXの記事を読む場合、あまり古い口コミは信用しないようにしましょう。

 

WiMAXを使用する際に、注意する速度制限が二つあります。

 

一つめは、月間データ量による速度制限、俗に言う7G制限と呼ばれているものです。
次に、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものです。

ギガ放題プランに申し込む事によって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除になります。ただし、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとしてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を備え、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回り広いエリアでの通信に対応しています。更に、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところな訳です。WiMAXと契約を申し込む折、様々なキャンペーンサービスが付いています。
中でも便利なのは、公衆無線LANのサービスです。UQ WiMAXの場合はUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。
どんなプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。

WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXは、普段は3種類のプランがあります。28000円の高額な現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、WiMAXサービスの月額料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。

その他にも、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用可能な料金プランがあります。
ちょこちょこ、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、これはいつもある料金プランと言う訳ではありません。